ある人のキャリアの描き方

ある人のキャリアの描き方

ある人が言っていたキャリアの描き方。

天才ではなく、すばらしい能力があるわけでもない一般人の私が、
キャリアを描く上でベースにしている考え方です。

受け売りだけどね(笑)

20代前半に「知り」

20代前半は、何も知らないところからのスタートだから、まず知ることが大切。
好き嫌いせずに、あまり興味のないことでもとりあえず知る。

20代後半に「広げ」

20代後半は、知ったことから自分の興味がある分野に広げてさらに知っていく。
広げて知っていくうちに、実はこれ以上興味持てないとわかったら、次に興味のあったことを広げて知っていけばいい。

『興味が持てない』と知れたということが大事。

20代最後に「選び」

20代最後に、20代で知ったことから最も興味関心があるものを選ぶ。
後から「選ぶの間違ったー」って思っても死ぬわけじゃないんだから、選ぶことを恐れない。

30代前半に「研究し」

30代前半は、選んだものを研究する。
研究者になるということではなく、その分野を追求してさらに知ること。

30代後半に「発表し」

30代後半は、研究した成果を発表する。つまりアウトプットをだすということ。
ここでのアウトプットは、より専門的で高度なものが求められる。
普通のアウトプットは20代前半からずっとやっているはず。

40代前半に「教え」

40代前半は、経験や知識を若者に教える。

40代後半からは「遊ぶ」

ここまでやれば社会人として十分活躍したので、あとは遊ぶ。
仕事を辞めて遊ぶというわけではなく(それでもいい)、好きな働き方をするという意味。

もう一度研究をしてもいいし、全く知らなかった分野を知ってもいいし、若者に教えてもいい。
これだけの経験があれば恐れるものはない。

雑談

こいつできるなーって人はもっと高速に、何回もこれをループしてるけど、
私は仕事が1番大切というわけではないから、できる範囲で精一杯頑張ることにしている。
もちろん、小さなことを小さなスパンでループしているけど、キャリアの大枠はこれを元にしているよ。

Pocket

Posted in 日記.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">