CakePHPでUPDATE

CakePHPでデータベースのテーブルにデータを保存するには、save()を使います。

この命令により以下のSQLが実行されます。

id name birth b_type
1 hoge 1988-01-01 A

作られたデータをUPDATEしたい場合には、主キーの「id」を指定してsaveすればUPDATEできます。

id name birth b_type
1 foo 1988-01-01 A

しかし、この方法ではUPDATEする必要のないデータまで同じ値でUPDATEしてしまいます。

これを回避するために、save()にはいくつかの引数を与えることができます。

引数を指定してnameだけをUPDATEしてみましょう。

id name birth b_type
1 bar 1988-01-01 A

余計なSQLは避けたほうがいいので、しっかり引数を与えて制御したほうがいいようです。

参考

Pocket

Posted in CakePHP.

CakePHPの.ctpファイルでシンタックス有効の設定

CakePHP1.2のview(テンプレート)ファイルの拡張子は「.ctp」です。

vimでこの「.ctp」ファイルを開くとシンタックスが有効にならず、色づけされないので見にくい状態のままです。

シンタックスを有効にしたいときには、.vimrcに以下の設定を追加します。

ハイ、見やすくなりました!

また別の方法として、.ctpファイルを開いた状態で以下のコマンドを打ってもシンタックスを有効にできます。

しかし、この方法だとファイルを開くたびにコマンドを打たなければいけないので、.vimrcに設定を追加したほうがよいでしょう。

参考

Pocket

Posted in CakePHP.

PHPで期間指定のタイマー

ある期間中のみ動作する処理をタイマー設定したいときに便利な関数をつくっておくとなにかと重宝する。

この関数を使って「2010年01月01日~2010年01月03日」の期間中に動作する処理を書く。

これで土日も休めます。

参考

Pocket

Posted in PHP.