キーボード変えました

会社から与えられえてたキーボードとお別れしました。

テンキーレスなのでコンパクト ← これ大切!!w(HHKはコンパクトすぎな気がしてます。)

ASCII配列キーボードは使うの初めてだけど、なんか楽な気もします。

「カタコトカタコト」という音が、働いてる「感じ」をだしてくれます・・・

ただ、英字入力に切り替えるのに手間取りました。。。

ドライバの選択画面に「101/102 英語キーボードまたは Microsoft Natural PS/2 キーボード」的なのがないーーーみたいな。

http://www.piground.com/uncategorized/japanese-is-input-with-the-ascii-keyboard/

http://okwave.jp/qa/q2422088.html

http://homepage2.nifty.com/winfaq/w2k/trouble.html#971

解決のヒントは上記を参考にして見つけて、ようやくセッティング完了です。

これからも働いてる「感じ」をだしていきます。

※実際は「感じ」だけでなく、しっかり働いてます。

※同期エンジニアが全員FILCOのキーボード・・・か?!

Posted in 日記.

応用情報技術者試験

昨日(4月18日)、IPAの応用情報技術者試験を受験してきました。

情報処理技術者試験

午前・午後の2部構成になっているのですが、難しかったです。

まぁー、勉強を始めたのも4月に入ってちょっとしてからなので、当たり前な気もしますが・・・午後問にいたっては結局全く勉強できませんでした><

手ごたえは「不合格かなぁー?」という感じ。

とはいえ、やっぱり気になるので午前問題を自己採点してみました。

※午前問題の回答は情報処理推進機構から発表されている。

49/80問

49問正解でした・・・うーん微妙?!

午前問題はマークシート方式で、いわゆる4択です。

応用情報技術者試験の合格基準は、午前・午後ともに60点以上です。

情報処理技術者試験では、素点方式を採点方式として採用しているそうです。

試験区分 問題番号 問題数 採点
応用情報技術者試験(午前) 1~80 80 各1.25点

なので、

49問 × 1.25点 = 61.25点

ギリギリセーフでしたー(これで合格してしまっていいのかは疑問ですが。)

あとは、午後問。

午後問は選択式で、12問中6問を回答します。

試験区分 問題番号 問題数 採点
応用情報技術者試験(午後) 1,2 1 20点
応用情報技術者試験(午後) 3~12 5 各16点

午後問題は記述式です。

午後も全く自信がありません。

時間がなかったのと問題がわからなさすぎて、終盤に選択した3問は終わってる気がしますorz

合格発表は6/25(金)らしいです。

Posted in 日記.

フォント

開発をするときの「文字」の見やすさは結構重要なもの。

僕のお気に入りフォントは、「モトヤシーダ」と「M+1VM+IPAG circle」です。

詳しくは上記サイトを見ていただくとして、

フォントにまでこだわりだすって・・・プログラマはすごいですねw

Posted in 日記.