MySQLでTRUNCATE

テーブルの中を空にする方法。

DELETE文を使う

TRUNCATE文を使う

DELETEは行を1行ずつ削除しているのに対して、

TRUNCATEはテーブルをDROPして、再作成しているらしいです。

行が多くなるとDELETEではアクセス数が増えるため、

テーブルの中を完全に空にする場合はTRAUNCATEの方がよさそうですね。

※トランザクションセーフではないため、トランザクションやロックの途中では使えません。

※AUTO INCREMENTしているidなども初期化されます。

Posted in MySQL.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください